Top > レア情報 > 残念ながら

残念ながら

特定調停というのも任意整理と同じくそれぞれ貸方に対し支払いを継続することを前もって決めた債務の整理の手順です。

 

言い換えるなら裁判所が関与する債務の整理といえるでしょう。

 

特定調停という方法も先の方法と同じように破産宣告とは違いある部分だけの負債だけをまとめていくことが可能なため連帯保証人が関連する借入金を除いて手続きする際や自動車ローンの分以外だけを整理をしていく場合等においても使うことも可能になりますし、築き上げてきた財産を放棄してしまうことは求められませんので貴金属や土地などの資産を所有していて手放してしまいたくない場合においても有力な選択肢になる債務整理の方法になります。

 

しかしながら、手続き後の返済金額と実際としての所得を検討して、ある程度返済が見通せるのであればこの特定調停による手続きを進めるほうが良いといえますが、破産宣告と異なり負債自体が消滅するということではありませんので、負債の金額が巨額なような場合は、実際にこの方法での選択肢を選ぶのは困難だといえるでしょう。

 

あと、この手順は司法機関が介入することになりますので司法書士等に頼まなくても不利になるようなことはないということや、処理のための諸費用を節約できるという点は良いのですがお金の貸し手からの催促に対して債務者自身が対応しなければならない点や文字通り裁判所にことあるたびに通う必要があるといった要素もあります。

http://plaza.rakuten.co.jp/haig88es/

また、任意による整理と比較してみると最終的に解決できないような場合は求められている利息をすべて含めた金額で振り込んでいかないといけない点や結果的に貸し手に支払っていくお金が任意整理による処理の場合と比較して高くなってしまう場合が多い等の点もあります。

 

レア情報

関連エントリー
残念ながら
カテゴリー
更新履歴
通常のターンオーバーができないフケだらけの44歳の女性の頭皮にはビタミンEが第j(2019年12月23日)
賞状はないと始まらない(2019年12月23日)
いい野球まとめ(2017年4月29日)
アンチエイジングを始める時期は?(2016年11月 7日)
養子縁組の相続はどうなっている?(2016年9月26日)