Top > 相続税 > 養子縁組の相続はどうなっている?

養子縁組の相続はどうなっている?

養子というのは親子において血縁関係に無いものの、届出書を提出することにより血縁関係がある親子と同一の関係性になることです。

しかし、相続権の話が絡んでくると一気に事態は複雑化します。

   

事前の相続対策はこちらから

 


その理由は養子縁組に対して相続権が認められる事案は届出書を提出し受理した場合に限られるためです。
つまり、法律的に手続きが完了した場合でなければ効力が無いという事です。
そこで事前にトラブルを回避するためには連れ子と養父の関係に対して養子縁組を行い、養子に対しても相続権を与えておくという事です。
ただし、養子縁組が多すぎる場合は認められない事もある上に認められたとしても制限がかけられてしまう可能性もあります。
また、事態が複雑化した時には弁護士に頼る方法があることも認知しておきましょう。

相続税

関連エントリー
養子縁組の相続はどうなっている?
カテゴリー
更新履歴
通常のターンオーバーができないフケだらけの44歳の女性の頭皮にはビタミンEが第j(2019年12月23日)
賞状はないと始まらない(2019年12月23日)
いい野球まとめ(2017年4月29日)
アンチエイジングを始める時期は?(2016年11月 7日)
養子縁組の相続はどうなっている?(2016年9月26日)